インカム・トランシーバー・無線機に関する注意事項┃インカムナビ

インカム・トランシーバー・無線機を使用する際の注意事項

導入するにあたっての注意事項

インカム・トランシーバー・無線機をご利用するにあたって、お客様への注意喚起とご理解とご協力をお願いしております。
特に、お客様にとって重要な事項ですので、必ずお目を通し下さい。

重要なお知らせ

総務省告示(周波数割当計画)によ、現行の350MHz及び400MHz帯アナログ周波数(アナログ簡易無線局)の使用期限は2022年11月30日までと定められています。そのため、2022年(平成34年)12月1日以降は、ご使用できません。
アナログ無線機をお持ちの方、アナログ停波のご相談、デジタル簡易無線免許局、IP無線機への入替、ご質問等、お気軽にご相談くださいませ。

目次

電波は有限な資源

技術基準適合証明等(技適マーク)とは

インカム・トランシーバー・無線機を導入するにあたっての注意点

電波は有効な資源

  • 現代の社会にはテレビ、スマートフォン、ラジオ、インターネット等、様々な電波が飛び交っています。
    電波は目に見えない為、どれだけ電波が使用されているのか把握することは困難です。目に見えないからといって、たくさんの電子機器が際限なく電波を利用すると、混信や妨害に繋がってしまうのです。

    そこで総務省は、電波は有限な資源であるという考えを基に、多くの人々が電波を快適に利用する為のルールを提示しています。インカム・トランシーバー・無線機に限らず、電波を利用した全ての電子機器に、このルールは適用されています。

  • 電波は資源

電波の利用ルールについて詳しく知りたい方はこちら 総務省/電波利用ルールへ

技術基準適合証明等(技適マーク)とは

  • 現代の社会にはテレビ、スマートフォン、ラジオ、インターネット等、様々な電波が飛び交っています。
    電波は目に見えない為、どれだけ電波が使用されているのか把握することは困難です。目に見えないからといって、たくさんの電子機器が際限なく電波を利用すると、混信や妨害に繋がってしまうのです。

    そこで総務省は、電波は有限な資源であるという考えを基に、多くの人々が電波を快適に利用する為のルールを提示しています。インカム・トランシーバー・無線機に限らず、電波を利用した全ての電子機器に、このルールは適用されています。

  • 総務省・技術基準適合証明マーク

技適マークについて詳しく知りたい方はこちら 総務省/技適マークのQ&Aへ

インターネット上では、インカム・トランシーバー・無線機の専門店ではないショップが、主に海外製で格安の無線機を販売していることがありますが、ご購入の前には技適マークの有無をご確認いただければと思います。技適マークが付いていないインカム・トランシーバー・無線機を使用すると「電波法違反」になる可能性があります。

免許を受けずに無線局を開設若しくは運用した場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となります。また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となります。

販売者には、責任はなく、使用者の責任となりますので、ご注意ください。

技術基準適合証明等を受けた機器の情報の検索したい場合 総務省/機器の検索ページへ

ご不明な点がある場合は、最寄りの総合通信局の「不法無線局、混信・妨害」の窓口へ 総務省/お問い合わせへ

インカムを導入にあたっての注意事項

  • インカム・トランシーバー・無線機は大切な情報を瞬時に伝えることができますが、的確なご使用方法でないと相手に伝えたい情報を伝えることができません。
    インカム・トランシーバー・無線機をご導入されている多くのお客様は、通話時の混乱を防ぐ為に、ルールを設け、通話する際の「話し方」に注意されています。そうすることで、インカム・トランシーバー・無線機によって取りやすくなったコミュニケーションがさらに円滑になります。
    通話の際に気をつけておきたい点についてご紹介します。

  • コールセンターの男性

まずは名前から

インカム・トランシーバー・無線機での通話は、送信ボタンを押している間だけ話す側になり、それ以外は聞く側になります。 携帯電話のように話しながら、相手の話を聞くこと(同時通話)は、一部の機種を除いてできず、交互通話となります。
発話の際は、「こちら〇〇ですが、●●さん聞こえますか」、終話の際は「どうぞ」と一言添えることでスムースな通話が可能となります。

事前にチャンネルを確認する

近年、インカム・トランシーバー・無線機のご利用は年々増えてきております。機種によっては、チャンネルを変更しないと他の通信と混信してしまう場合があります。ご使用前に、チャンネルのご確認をされた方がスムースな通信が可能です。
万が一、混信した場合は、チャンネルを変更することで回避ができます。それでも、混信する場合は、お気軽にご相談ください。

自分が誰で、誰に何を伝えたいのか

インカム・トランシーバー・無線機は手軽に通話することができるので、うっかり用件から話してしまいがちです。まずは自分が誰なのかから話し始めることで、「これから用件を言います」という前置きにもなります。

用件は的確に

「いつ・誰が・どこで」といった風に、物事を理解する為の大切なポイントを押さえておくことで、会話をスムースに行うことができます。これをやらないと、誰が誰に話しているか全くわからなくなります。

わかりやすい口調で話す

例えば「B(ビー)」と「D(ディー)」、「1(イチ)」と「7(シチ)」。文字で見ると違いは一目瞭然ですが、発音の仕方は似ていますよね。対面で話す場合、相手の口の動きやボディーランゲージで伝えること、相手も受け止めることができますが、インカム・トランシーバー・無線機を利用していると聞き間違いになってしまう可能性があります。
上記の例では「ビー」と「デー」にしたり、「イチ」と「ナナ」にして使い分けることで聞き間違いを防ぐことができます。