協同組合 のインカム・トランシーバー・無線機導入事例┃インカムナビ

協同組合 のお客様の声・導入機種紹介

このページでは、ウェッジでインカム・トランシーバー・無線機をご導入いただき、現在も引き続きご使用いただいているお客様の声を掲載しております。お客様がご使用中のインカム・トランシーバー・無線機の機種や運用方法等、掲載しておりますので、ご参考ください。

団体 協同組合

  • 導入前(課題)

    1. MCA無線は車載タイプだったため、ドライバーが車から離れているとすぐに連絡を取れなかった

    2. 通信可能エリアに限界のあるMCA無線では山間部など電波の届かない地域があり、効率的な配車指示ができなかった。

    3. 従来の配車システムは情報の送受信に時間がかかるケースもあった。

  • 導入後(改善点)

    • ハンディタイプのIP無線機に切り替えたことで、ドライバーがどこにいてもすぐに連絡を取れ、配車情報も確認できるようになった。

    • IP無線機は携帯電話回線を利用するため通信エリアが広く、音声品質も向上した。

    • IP無線機に移行後は、配車情報の送信などが処理が高速になり、オペレータの手配処理がスムーズになった。

お客様からのコメント

  • ドライバーにハンディ型の端末を配布できれば、車から離れていてもすぐに連絡が取れるようになります。また、配車情報もハンディ端末に送信されるので、車に戻らなくても確認できるようになりました。これは集荷までの時間短縮につながる最大の導入メリットだと判断し、IP無線機を使って配車システムを刷新することを決めました。

  • 実際の画像

協同組合 の無線機の使用方法

  • 実際の画像
  • 緊急の仕事にも対応可能に

    緊急の配送依頼の仕事が、本部に入った時に、待機中のドライバーに顧客情報を連絡する。

    緊急の仕事にも対応可能に

    運送情報のお問合せが依頼主からあった際、GPSと無線機ですぐに確認して回答する。

    ワンストップの作業で情報共有可能

    仕事内容や顧客情報を基幹システムに入力することで、ドライバーへのメール配信や請求書作成までの一連の作業が、ひと手間でできる。

  • お客様の声

    以前のMCA無線では山間部で電波が届かないなど通信可能エリアに課題がありましたが、IP無線機に切り替えたことでエリアの問題は解決しました。通話の音声品質にも問題はありません。ハンディ型の端末になったことで、どこにいてもIP無線機だけで本部と通信可能なので、ドライバーの個人携帯電話に連絡することはなくなりました。

  • 弊社営業担当の声

    • 人物画像

    • 「赤帽大阪のユニークなサービスである緊急輸送で重要となるのは、依頼を受けてから集荷先に到着するまでの時間短縮です」と言われる赤帽様の業務に、IP無線と基幹システムがお役に立ててうれしく思います。

お客様のご紹介へ

    • 職種または店名

    • 非公開希望