初めてのデジタル簡易無線:基礎知識とおすすめ無線機紹介

※アマチュア無線は取扱いしておりません

初めてのデジタル簡易無線:基礎知識とおすすめ無線機紹介

特定小電力トランシーバーよりも広い範囲での通話が可能で、なおかつさまざまなシーンで活用できるのが簡易無線機です。
簡易無線機とひとくちでいっても、さまざまなタイプに分かれています。
デジタル簡易無線にアナログ簡易無線、さらに、同じデジタル簡易無線でも免許局と登録局に分かれています。
ここでは、デジタル簡易無線をベースに、簡易無線の基礎知識や、おすすめデジタル簡易無線機をご紹介いたします。

簡易無線とは

簡易無線とは、名前の通り簡易な業務、または個人的な用途での使用を目的とした無線のことです。
簡易無線のもう一つの特徴としては無線従事者資格が不要だという点が挙げられます。
従来の無線(一般業務用無線)は、無線設備の操作に専門的な知識が必要とされるため、電波法に基づき、総務省認定の免許と操作資格が必要です。
しかし、簡易無線は無線従事者が不要であり、使用するのに必要なのは免許のみとなります
一方で、一般業務用無線と比較すると出力が半分以下であり、通信範囲も10キロ程度が目安となっております。

なお、資格も免許も不要な無線として特定小電力トランシーバーがありますが、こちらは通信範囲が500m前後で出力も大幅に低くなっています。
その分安価で利用しやすいというメリットがあるので、使用する場合は利用シーンを考慮して適したものを使用しましょう。。

デジタルとアナログ

簡易無線は、アナログ式のものと、近年主流のデジタル式のものがあります。
この2つの大きな違いは、電波の飛ばし方です。
無線機は、音声情報を電波に乗せて通信を行います。
その際、アナログだと音声をそのまま電波に乗せるのに対し、デジタルは音声を0と1の数字に変換し、音声情報を相手に伝えます。
この2つの方法は、それぞれ特徴が異なります。

デジタルの特徴

デジタル簡易無線の強みは、通信距離がより遠くに飛ばしやすくなったことや、デジタル化の過程でノイズをカットし、よりクリアに相手に音声を伝えやすいという点が挙げられます。
デジタル簡易無線は電波の送信の際にまっすぐに電波を飛ばして通信を行うので、アナログの電波よりも通話距離が長いと考えられています。
また、音声がデジタル化されて送信されるため、情報の秘匿性が高まる他、混信にも強くなるので、総じて通話のしやすさという点ではアナログよりも優れている点が多いです。

一方で、バッテリーの消費量はアナログに比べて多い他、入り組んだ地形だとアナログのほうが通話しやすいという点が注意点として挙げられます。
上述したように、デジタルの電波は真っ直ぐ飛ぶため、入り組んだ場所では電波が帰って届きにくくなってしまうからです。

アナログの特徴

アナログ簡易無線は、デジタル簡易無線の弱みが、そのまま強みとなっています。
音声の伝達がシンプルなのでバッテリー消費量は少ないので長持ちしやすいですし、入り組んだ場所ではデジタル簡易無線よりも通話がしやすくなっています。
また、デジタルでは音声の変換にごく僅かなタイムラグが発生しますが、アナログではそのタイムラグがないので、伝達が素早く行いやすいのも強みといえるでしょう。

しかし、混信しやすく雑音も拾ってしまうのでノイズが発生しやすいといった弱点がある他、2024年11月30日以降アナログは使用できなくなるという点も注意が必要です。
特定小電力トランシーバーの場合はアナログ無線機も使用は可能ですが、簡易無線の場合、2024年12月1日より使用が禁止されますし、使用した場合罰される可能性があります。

なにより、デジタル簡易無線とアナログ簡易無線は互換性がないため、更新ができません。
したがって、今後販売される簡易無線はすべてデジタル式のため、今から新しくアナログ簡易無線を導入するメリットはほぼありません。

なぜデジタル無線機が主流となるのか

デジタル簡易無線機が生まれた経緯としては、限りある資源である電波を有効に使用するためです。
近年ではWi-FiやBluetoothなど電波を活用した製品が増えており、より電波のニーズが高まると考えられています。
デジタル無線機は、通信で占有する周波数帯幅がアナログより少ないため、電波をより有効に使用できます。
そのため、デジタル無線機を主流にし、電波を有効利用するというのが、目的です。

免許局と登録局の違い

デジタル簡易無線には、「登録局」と「免許局」の2つが存在します。
耐久年数や通信範囲はどちらも同じですが、用途や目的、そして機能に若干の違いがあります。
ここでは、免許局と登録局の違いについてご説明しましょう。

免許局

免許局とは、法人をはじめとした組織が業務に使用することを目的とした無線局です。
特徴としては、無線機1台1台に免許が必要であり、組織に所属している人しか使ってはいけないという決まりがあります。

免許局の強みは、周波数帯が複数あるので混信しにくい他、アナログ回線も使用できるという点です。
なので、アナログ無線機を使用したい場合は免許局登録の簡易無線機を使用する必要があります。
上述したようにアナログ回線は通信のタイムラグが少ないため、矢継ぎ早に指示を送る必要がある映画スタジオや舞台運営で重宝されています。

一方で、業務のみにしか使用してはいけないという制限があるため、個人で使用するケースには不向きです。

登録局

登録局は2008年以降に生まれた区分です。
こちらは登録状が一枚あれば、そこに登録されている無線機を免許を取得する必要なく開局・使用できるというのが特徴です。
また、免許局と違ってレンタルができる、レジャーを始めとした趣味で使用できるというのも登録局の大きな強みでしょう。
そのため、免許局と比較すると利用しやすくなっています。

また、登録局では混信防止のためにキャリアセンスという機能を搭載することが義務付けられているというのも特徴の一つです。
キャリアセンスとは同じ周波数帯で基準値以上の強さの電波を受信している場合、送信ができなくなる機能のことです。

アナログからデジタルに移行する場合

上述したように、2024年12月1日よりアナログ簡易無線機は使用ができなくなります。
したがって、早めにデジタル簡易無線に移行することをおすすめします。
期限ギリギリまで使用するのも選択肢の一つですが、手続きや準備に時間がかかる可能性もあるので、できるだけ余裕を持った移行を心がけましょう。
アナログからデジタルへ移行する際の基礎的な事柄をご紹介します。

移行する場合の流れ

アナログからデジタルへの移行は、総務省に届け出を出して配し、新規の申請を行うことになります。
まずアナログ無線の廃止届を総務省に提出し、それと同時に無線の変更申請を申し出ることになります。
申請の書類は総務省ホームページより印刷でき、申請にかかる費用は発生しません。
また、デジタル無線の更新手続きに必要な書類は、他にも無線局事項書及び工事設計書がありますが、これも同様に総務省よりダウンロードでき、費用は無料です。

買い替えの際の注意点

デジタル無線機を購入する際の注意事項は主に2点あります。
一つは、購入あるいはレンタルするデジタル簡易無線が「免許局」「登録局」のどちらかということです。
上述したように、用途や機能面で若干の違いがあるため、事前に確認しておきましょう。
レンタルの場合は登録局でしか利用できないため、確認する必要はありません。

もう一つは、購入する場合は「技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)」がついているかの確認もしておくということです。
これは電波法が定めた技術基準に適合している証明の印であり、技適マークがついていないデジタル簡易無線の使用は使用自体が違法になります。

基本的に、まっとうなお店で購入・レンタルする場合はほぼ確実に技適マークがついているため、確認はさほど必要ありません。
しかし、個人経営のショップや個人での売買で購入する場合、技適マークがついていないものを知らずに購入してしまうケースもあります。

発生する費用について

上述したように、停止や更新の手続きで費用は発生しません。
しかし、デジタル簡易無線を購入する際に費用が発生しますし、アナログとデジタルの療法が使用できる「デュアル無線」を使用している場合、費用が発生します。

この場合、アナログの無線局の停止措置をメーカーに依頼しなければならないため、その手数料が発生します。

おすすめデジタル簡易無線機

デジタル簡易無線は免許こそ必要ですが通信範囲が広いため信頼性が高いため、人気のある無線機です。
ここでは、そんなデジタル簡易無線の中でも特におすすめのデジタル簡易無線をご紹介いたします。
なお、ここで紹介しているデジタル簡易無線機はすべて登録局のものとなっているため、レンタルでも購入でも使用できます。

初心者から上級者まで、おすすめデジタル簡易無線機5選

IC-D70

ここが強み
  • 1.GPS搭載のため位置情報の送受信が可能
  • 2.録音機能搭載により直前の会話を再生可能
  • 3.レジャーでの使用におすすめ

アイコムより製造・販売されているデジタル簡易無線です。
最最大の特徴はGPS機能が搭載されていることであり、位置情報の確認がしやすくなっています。
また、サイドキーが搭載されており、よく使う機能を登録することでショートカットとして使用できるため、自分好みにカスタマイズが可能となっています。
GPS機能のおかげで位置の確認もできるので、はぐれる可能性のある登山やツーリングと言ったレジャーでの用途におすすめです。
防水性能に優れているため、屋外での使用の際に雨に降られても問題なく使用できるのもおすすめポイントの一つです。

IC-DPR7S

ここが強み
  • 1.ボタン一つで通信相手を選べる
  • 2.大手の信頼性
  • 3.初めてデジタル簡易無線を使用する人向け

アイコムより製造・販売されているデジタル簡易無線機です。
デジタル簡易無線機で使用できる出力の最大値である5Wの出力を誇るのでパワフルな性能を誇ります。
操作性も難しい機能がなく、初心者から上級者まで気軽に扱える無線機です。
レジャーでの使用のほか、自治会や小規模なイベントでの連絡で効果を発揮してくれます。
また、防水・防塵機能に優れているため、工事現場でも信頼性が高いです。

TPZ-D503

ここが強み
  • 1.タフネスな仕様
  • 2.米軍規格適合の簡易無線機
  • 3.ハードなレジャーや屋外で作業の連絡に最適

ケンウッドより製造・販売されているデジタル簡易無線です。
強みとしては、耐久性をとことん追求しており、米軍用の規格に適合しているほどの耐久性を誇ります。
そのため、サバイバルゲームや大規模な工事現場など、とにかくハードな環境において信頼性が高いデジタル簡易無線といえるでしょう。
しかし、現在は販売停止になっているため、無線取扱店で在庫がない場合は主にレンタルで利用することになります。
短期で使用する場合は購入よりもむしろレンタルのほうが安価で利用できるため、レンタルでの使用を前提とする場合におすすめです。

DJ-DPS70KA

ここが強み
  • 1.高い出力のデジタル簡易無線
  • 2.音声ガイダンス機能で現状確認が可能
  • 3.暗所での作業向け

アルインコより製造・販売されているデジタル簡易無線機です。
その最大の特徴は、音声ガイダンス機能と見やすい画面です。
バッテリーの消耗や無線機の現在の状態を知らせる音声ガイダンス機能は、両手がふさがっている状態でも現状の確認がしやすいです。
更に、表示画面はバックライトで明るく見やすい他、表示されている文字も大きめなので、画面の確認がしやすくなっています。
以上の点から、両手がふさがっていたり、暗所での作業を行ったりする場合にメリットを十二分に感じやすいデジタル簡易無線だといえるでしょう。

SR741

ここが強み
  • 1.ワイヤレス通信が可能
  • 2.20時間以上の通信が可能
  • 3.ハードなレジャーでの使用がおすすめ

スタンダードホライズンより製造・販売されているデジタル簡易無線です。
特徴としては、充電がフル状態なら20時間使用できるほどの持久力の他、Bluetoothによるワイヤレス接続によるワイヤレス通信が可能という点でしょう。
音声自動送信機能にも対応しているので、ヘッドセットによってはハンズフリーで通信が可能です。
そのため、ツーリングやヨット、スキーにサバイバルゲームといったハードなレジャーで大活躍してくれるでしょう
耐久性も最高クラスのため、ハードな環境でも安心して使用できるのは大きなメリットです。
レジャー以外にも手がふさがりやすい工事現場での使用にも適しています。
もちろんワイヤレスじゃなくても使用できるので、ヘッドセットによってさまざまな利用シーンに対応できるデジタル簡易無線といえます。

デジタル簡易無線を利用する場合は

デジタル簡易無線は免許の取得が必要ですが、使い勝手はそれに見合ったものとなっております。
登録局なら免許取得者が一人いれば複数人での使用も可能なので、デジタル小電力トランシーバーではスペック不足の場合、使用を是非検討してみましょう。
しかし、デジタル小電力トランシーバーと比較するとやはり費用が高くつくため、必ずしもおすすめというわけではありません。
購入する前にレンタルで使用感を確かめ、デジタル簡易無線を使用するか、デジタル小電力トランシーバーを利用するかを決めましょう。

インカムナビに未掲載の商品については、
お気軽にお問い合わせください。 ※アマチュア無線は取扱いしておりません